九州トラック交通共済のご案内
パンフレット
今すぐお気軽にご相談を!
お問い合わせ
各種書類ダウンロード
PDF様式はこちら
組合員専用ページ
九州トラック交通共済協同組合
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東一丁目18-8
TEL.092-451-7865
FAX.092-472-5888
0
1
2
5
5
7

ロードサービス

大型車専門のロードサービス

大型車専門のロードサービスが組合員のみなさまを、24時間体制でサポートします!
 
全国トラック交通共済協同組合連合会との業務委託契約を結ぶJHRネットワークサービス株式会社(JNS)は、業界待望の「大型車対応レッカー・ロードサービス企業」です。
大型車対応のレッカー車両を保有し、乗用車から大型特殊車両まで、あらゆる車種において安心してサービスを受けることができます。
トラブルの際には、全国どこでも24時間、フリーコールの「イザ・コール」に電話するだけで、迅速に対応し現場作業はもちろん修理工場の紹介、車両代替など幅広いサービスを提供いたします。
※一部離島を除く
※「イザ・コール」はJHRネットワークサービス株式会社(JNS)の提供するロードサービスです。
これからはJNSをご活用ください!

ご利用メリット

道路運送車両法にいう「自動車および原動機付自動車」が加入いただけます。
最寄りのトラック交通共済・取次所にてお申し込みください。
フリーコールの「イザ・コール」を開設し、全国どこからの要請にも24時間体制で、一般道路、高速道路を問わず対応。
作業内容ごとに明確な料金設定を行っています。しかもトラック交通共済提携料金により、一般料金よりも割安になっています。
作業料金の支払いは請求書による後日支払です。
(ご請求は、組合員企業様宛となります)
サービス開始時に必要な会員登録は無料で行います。

JNSのご利用法(ロードサービスの流れ)

Step1: 事故・故障現場からJNSコールセンター「イザ・コール」へ連絡

事故・故障現場からJNSコールセンター「イザ・コール」へ連絡
会員登録後にお届けする、ロードサービス証明書またはステッカーの番号へすぐに電話してください。
 

Step2: 早朝、深夜を問わず作業車両が現場へ急行

早朝、深夜を問わず作業車両が現場へ急行
全国を網羅するネットワークとGPSを用いた最新の運行管理により、現場に最も近いロードサービス車両が急行します。
さらに独自のサービスとして三者間通話を実施し、手配ミスを防いでいます。
※三者間通話とは、作業依頼者(トラック交通共済組合員様)と出動する作業員とが直接詳細の確認を行うことです。
簡単な車両トラブルは、電話でのアドバイスで解決することができます。

Step3: 優良作業者による車両排除や修理業務

優良作業者による車両排除や修理業務
現場の状況に応じて、事故・故障車の排除や現場での修理を行います。
JNSと共同でサービス提供を行うJHR(全日本高速道路レッカー事業協同組合)は、高速道路会社の協定業者を中心とした優良事業者の団体です。
定期的な技術講習会を行い、作業レベルの向上を図り、全国どこでも良質のサービスを提供します。

Step4: 作業終了後に報告書を作成

作業終了後に報告書を作成
作業の終了後に現場作業報告書を作成します。
内容をご確認の上、ご署名ください。

JNS提供のロードサービス内容

1.24時間・緊急サポートサービス

1.緊急受付対応・24時間/年中無休体制
事故・故障等車両のトラブル発生時の緊急受付を、24時間/年中無休で対応。
 
2.応急処置のアドバイス
お客様の事故・故障等、車両のトラブル発生時に、安全性の確保並びに車両トラブルにおける応急処置のアドバイス。
 
3.緊急連絡/案内サービス
要請により、お客様の家族、会社等に対し、緊急連絡・状況説明。

2.搬送サービス、レッカー牽引サービス

お客様の車両が自走不能の場合、最寄りの修理工場等へ積載車またはレッカー車による搬送。

3.現場緊急サービス

1.カギ開け
2.バッテリージャンピング
3.スペアタイヤの交換
4.燃料切れの現場緊急サービスの他、現場対応可能な応急修理作業。

4.レンタカーサービス等

車両が自走不能の場合で、お客様より依頼があった際には、レンタカー(乗用車)やタクシー、または宿泊先の紹介サービスを行います。

5.サービスの適用対象

ロードサービスの出動は、お客様が下記の「トラック交通共済ロードサービス証明書」を携帯している車両に適用。
※但し、携帯していない場合、JNSが登録されているお客様の事業所と連絡ができ、ロードサービス実施の了解が得られた場合は、出動致します。
また、お客様の事業所と連絡が取れない場合には、車検証の内容が、登録されているお客様の事業所と一致する場合には出動致します。

6.作業範囲

ロードサービスの作業範囲は、JNSのロードサービスマニュアルに基づき、通常実施している資機材と装備による処理可能な範囲で行います。(特殊事情及び法律の制限等により、一部のサービスの提供ができない場合があります)。

7.作業料金の請求

お客様の車両が共済契約に加入し、車両共済で補償される場合や、事故の相手方に請求できる場合であっても、ロードサービス料金の請求は必ずロードサービスを受けたお客様に対して行います。(ご請求は、組合員企業様宛となります)

トラック交通共済ロードサービス証明書について

証明書の内容と見本(仮)

証明書の内容と見本(仮)
組合は組合員である運送事業者に「トラック交通共済ロードサービス証明書」及び「ステッカー」を発行しています。(利用を希望されない場合を除く)
「イザ・コール」へご連絡時には、会社名、住所、電話番号をオペレーターに伝えるだけでロードサービスがご利用になれます。
※ロードサービス料金は、トラブルの現場での決済ではなく、翌月に請求書が登録運送事業者の事業所宛に送付されます。
ロードサービス証明書の使用・管理は悪用されることのないよう適正な管理が必要です。
守秘義務について
左記のコールセンターに登録されるデータについて、ロードサービス会社は、第三者に開示又は漏洩してはならず、本契約履行以外の目的に使用できないことになっています。
(JNSは、全国トラック交通共済協同組合連合会と「個人情報の保護に関する覚書」を締結)

ロードサービス料金の請求・支払方法

ロードサービス料金

JNSが対象車両に提供するロードサービスの料金は、全国トラック交通共済協同組合連合会とJNS間で協定した料金表を基準として適用します。

ロードサービス作業票

ロードサービスを行ったときは、ロードサービス作業票に「トラック交通共済ロードサービス証明書」の番号、車両の登録番号、実施した作業内容等必要事項を記入します。

料金の請求及び支払

ロードサービス料金はロードサービス作業票を毎月末締めで集計し、翌月15日までにお客様の事業所に作業報告書兼請求書を送付します。
お客様は請求に基づき、内容を確認のうえサービス利用月の翌月末日までに、指定する銀行口座に、振込みをして下さい。
なお、振込手数料はお客様の負担となります。

督促及び延滞割増

JNSは、お客様が振込み期限までに料金を納付しないときは、督促状をもって督促納付期日を、督促状発送日から10日間と明示して督促します。
納付しないときは、督促納付期日の翌日から納付済にいたるまで、年8.25%の延滞金割増(日割り)を料金に加算して支払うことになります。